MENU

動画編集の案件獲得でクラウドソーシングを使用するメリットとデメリット

目次

クラウドソーシングって実際いいの?

クラウドソーシングという言葉が世に浸透してから約5年ほど経ちました。
副業が解禁される企業が増えているということもあり、クラウドソーシングでの案件数と提案数は年々増してきていますね!

クラウドソーシングには「ランサーズ」「クラウドワークス」など有名なプラットフォームが存在しますが、それらの会員数も増加傾向にあります。

「動画編集」という仕事が注目され、企業がクラウドソーシングでPR動画などを発注するという構図も見えている状態ですね。
動画の需要もこれから増えてくると予想もされるのでパソコン1台あれば誰でもどこでも仕事ができる動画編集で独立する人も増えてきました。

実際に動画編集の案件を得ることに関して、クラウドソーシングを活用するメリットとデメリットは何なのか?
将来独立を考えているのであればそこはきちんと理解しておかないと、後から辛い思いをすることになります。

ワンフォー君
ずっと副業か将来独立かに対する考え方が結構違うよ!

メリット

比較的案件を取りやすい

クラウドソーシングでは企業に営業をかけたりするより案件は取りやすい傾向にあります。
YouTubeの動画編集であれば少し動画編集の勉強をしてポートフォリオを作り、複数案件に提案し続けるとその努力は実りやすいでしょう。

もちろん、何もない状態で応募しても見向きもされないので最低限の準備はしておきます。

  • プロフィールを全部埋める
  • サムネイルを設定する
  • 実績(一つでもOK!)へのリンクを載せておく
  • 自分のSNSへのリンク(Twitterアカウントは最低限作ろう!)

実績の動画は自分のYouTubeチャンネルに練習で作成した動画を載せている方が多いと思います、送るときは動画のリンクを送ってあげましょう!

実績を積むことができる

動画編集を始めたてで、実績も何もない状態では今後の動画編集者としてのキャリアを積むことはできません。
実績を作るためにクラウドソーシングはフル活用しましょう。

実際、クラウドソーシングだと案件は取りやすいので「実績公開OK」の案件を優先的に応募するようにした方が時間の効率がかなりいいです!
最初は安い金額で請けていても、公開した実績(ポートフォリオ)を軸にもっと高単価な案件を取れるようになってきます。

  • Twitterで提案DMを送る(企業・個人)
  • クラウドソーシングで「高価格」の案件に応募する
  • オンラインサロン内で案件を探す
  • SNSでの情報発信を行い続ける

高単価の案件をGETするのは地道に活動をしていると思わぬところから舞い込む可能性があります。
SNSで制作した動画の発信を頑張ってみたり、YouTuberとして活動してみたりすると「そんな感じの動画を作って欲しい!」とリクエストのDMが来ることもあり得ますからね!

作った動画の価値を2倍、3倍とするのは自分自身なので付加価値を与える考え方を身に付けるようにしましょう。

副業に最適

クラウドソーシングで副業することに関して、比較的取りやすい案件が動画編集の仕事です。
皆さんご存知のとおりYouTubeというプラットフォームが伸びまくっているので、参入する個人や企業が多く案件数もどんどん増えています。

「5G」という通信技術も整備されていくと動画の需要もどんどん増していきます。
これから副業を考えている方は時代にマッチした動画編集から始めるのがいいのかも知れませんね!

ワンフォー君
副業として動画編集以外の案件を受けたらいい経験になるかも。

流行りのトレンドに乗れる

クラウドソーシングで増えてきたと感じる案件のジャンルはそのときのトレンドでもあります。
動画編集の案件の多さと案件に対する提案数を見ると、トレンドは動画編集だということが分かりますね。

今まではエンジニアwebデザイナーなどが推奨されていましたが、それらは専門的な知識を得るための学習コスト(時間やお金)がかかりました。
動画編集であれば誰でも制作イメージをしやすくて学習コストも低いので「今が熱い」副業として注目されています。

このようにクラウドソーシング覗いていると色々なジャンルの案件が増減するので世の中の流れを知ることができます。
一種のマーケティングでもあるので興味がある方は週に何回か覗いたら新しい気付きがあるかもしれませんね。

デメリット

単価が安い

はっきり言うとクラウドソーシングは単価が低めです。

それは発注側が「格安でコンテンツを制作してくれる人材を探している」からですね。
ビジネスにおいて人件費を削って利益を高めるのは当たり前にある戦略なので発注側からすると、「低価格で高品質」な動画を求められます。

単価が安いのはクラウドソーシングの性質上仕方のないことですが、「実績を作る」ことに関して利用することもできます。
とにかく実績を作るために安く請け負うことは、長い目で見ると高単価の案件にたどり着く可能性を秘めているのでそれを「理解した上で請ける」のはOKです!

なんとなく請けていると単価が安すぎて最悪の場合、動画編集をしたくなくなるかも知れません。
クラウドソーシングを利用する場合は「自分の将来像」を明確にした上で行動するようにしましょう!

ワンフォー君
独立を目指しているのであればここはきちんと理解しておこう!

競合相手が多い

案件の数は無限ではないので「席」を取り合わなければなりません。

  • 個人・企業関係なく参入している
  • 安さで案件を取ろうとする人が一定数いる
  • 誰でも案件を募集でき、誰でも案件に提案できる
  • インフルエンサーが推奨している
  • 企業の副業が解禁される流れになっている

競合相手が多くなると案件を取りにくくなるので、他人との差別化が必須になってきます。
企業が副業を解禁し、インフルエンサーの発信に感化されて今まで全く興味がなかった層が一気に参入してくるはずです。

それまでに「個人の暖簾(のれん)」を持つことが大切です。

1番早いのはTwitterInstagramでの情報発信ですね。
今の時代、技術よりもフォロワー数の方が力を持つ場合があります。

暖簾がまだない方は少しずつでもいいので広げておきましょう!

おすすめのクラウドソーシングは?

クラウドソーシングは発注者がいなければ案件を獲得することができません。
なので人が集まっているサイトで活動しましょう!

この3つのサイトは、クラウドソーシングの中でトップクラスに有名なサイトです。
登録人数が多いので案件を取るために必須のサイトです、できれば全て登録しておきましょう!

ワンフォー君
数百万人がサイト内で活動してるから案件数も多いよ!

関連記事

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://onefocus.jp/work/590 target=]

目次
閉じる