MENU

PremiereProで調整レイヤーを使用してエフェクトを一括でかける方法

目次

調整レイヤーとは?

調整レイヤーとはタイムライン上で調整レイヤーの下にあるレイヤーに対して、エフェクトを一括して適用する便利なレイヤーです。

例えば調整レイヤーに「クロップ」のエフェクトを適用して、他のレイヤーより上に置くとその下にあるレイヤーに対して一括して「クロップ」を適用することができます。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://onefocus.jp/premierepro/886 target=]

調整レイヤーの使い方

調整レイヤーの使い方は非常に簡単です。
映像クリップを二つ用意してタイムラインに並べておきます、これらに一括してエフェクトをかけていきます。

プロジェクトパネルにある新規項目の中から「調整レイヤー」を選択します。
サイズは使用しているの大きさに合わせて調整レイヤーを作成してください。

調整レイヤーを作成したら先ほどの動画クリップの上におきます。
長さも動画クリップに合わせておきましょう。

今回は「クロップ」のエフェクトをかけてみました。
このように全体的に適用されていることがわかりますね。

調整レイヤーを使うと簡単にエフェクトを一括適用できるので編集時間の短縮にもなりますし、タイムラインも見やすくなるというメリットもあります。
今まで使用していなかった方もこの機会に試してみてはいかがでしょうか?

ワンフォー君
いろんな使い方があるから研究してみてね!

PremiereProのおすすめ本

目次
閉じる