MENU

QuickTime Playerから動画の一部を切り取って画像として保存する方法

目次

QuickTime Playerとは?

QuickTime PlayerはAppleが製造しているmacOSに初期からインストールされている動画再生アプリのことです。
macOSでmp4などの動画を再生するとQuickTime Playerでそのファイルが開かれるので普段からMacを使用している方からすると見慣れたアプリになりますね。

その動画の1シーンを画像として保存し、サムネイルなどに使用したい方もいると思います。
QuickTime Playerでは簡単な手順で画像保存することができるのでその説明をします!

QuickTime Playerから画像を保存する

ここからが本題です。
普段からMacを使っている方であれば1分もかからずに画像を抜き出せるので大変便利ですのでこの機会に手順をマスターしましょう。

キャプチャしたい場面でコピーする

まずは画像を抜き出したい動画を普段動画を見るように再生します。
そして、抜き出したい場面がきたら「再生停止」しましょう。

再生停止したまま「Cmd(⌘) + C」または上部メニューバーの「編集」の中にある「コピー」をクリックしてその場面のコピーをします。

メニューバーからコピー

コマンドでコピー

書き出したい場面で再生停止したまま「Cmd(⌘) + C」

コピーしたイメージを「プレビュー」に貼り付ける

前述した、いずれかの方法でコピーができたら次にMacにデフォルトで入っている「プレビュー」というアプリを起動します。

「プレビュー」を起動したら、上部メニューバーの「ファイル」の中にある「クリップボードから新規作成」をクリックします

するとこのように「名称未設定」というファイルが生成されます

最後に好きな名前と保存先を選択し、画像として保存することができます。

これでQuickTime Playerから画像を抜き出す作業が終了です、お疲れさまでした。

目次
閉じる